NARROWBOAT ナロウボート 京都のNARROWBOAT(ナロウボート)は、インポート生地を使ったオリジナルバッグと小物のお店です。
NARROWBOAT ナロウボート Home About Products Info Blog

再度見直し

京都♡バッグ♡ナロウボート

 

 

お早うございます。ウイズコロナ時代に突入して、ニュースタンダードに即した生活が定着しつつある昨今。今までは深く考えずに、ただそれが普通だと信じていた様々な事が、いや、待てよ、そうでもないみたいって感覚になれたのは、是非は別として興味深く感じました。最近では、ミニマリストからプレッパーへと、聞いたことのない言葉がまたひとつ追加(-_-) 防災的な観念からの生き方の改善や備蓄をベースに考え行動する人たちをプレッパーって称する…そうです。モノを究極まで減らすミニマリストに対し、自身を守るためにモノを選択しつつもストックするのが必須。云わば対極に位置する訳ですが、このふたつを同時に考えることも可能ではないかなって、今一度持ち物との関わりを考えてみました。

 

実は、もうそんなに備蓄も必要ないかなって、買い溜めた食材や衛生品を使用していたところ、まさかの第二波を予感する感染者数の増加…。そこでハタと、自身の備えに対する意識の希薄さに気付き、その危機感のなさに猛省することになりました。再度、必要なモノの見直しからのスタートです。コロナだけでなく、災害等も念頭に置き、荷物ひとつで避難できる態勢も考えると、もう死蔵品を眠らせているスペースなんてあってはなんねー、ミリ単位で阻止せねばなんねーと、クローゼットや納戸の中のモノを出したり仕舞ったりしております(^_^;) そして、考えれば考えるほど、生きて行くうえで本当に必要なモノの少なさに驚いてもいます。さして必要ではないものが、実は人生の彩りを添えるモノだと重々承知の上で敢えて言えば、再度手放してスッキリとさせる時期に私はさし掛かったと言うこと。それは、年齢だけでなく、『私』の人生に必要な見極めであって、個々に思いや時期は違って当然です。モノに思いがまだまだ残る人たちを見ていると、心にも空間にも余裕があるんだなと素直に羨ましく思います。家族の単位が大きければ、手を借りてのんびり整えるって感覚もアリですし。

 

何かを掴んだ頃、うーん、本当にそれでいいのかしらと、私自身にも次の波がやって来て、一本芯の通ったような生き方がなかなか出来ません(汗) が、きっと、日々私の中でもニュースタンダードの定義が塗り替えられているんだと思うことにしました^^ 立ち止まっては考え、また歩き出しては次の角までは進んでみる。そんな歩みで人生を考えると、60歳てば、まだまだお子ちゃまだわと、いつになったらリアルな大人になれるのかしらと、外見のそれとのギャップにたじろぐ今朝の私です。ふぅ〜っ。

 

 

気象を身体のメンテ方面から紐解く一冊。天気予報も理解出来るし、何より、漠然と天候との関わりを感じていた身体の不調に、ピンポイントでアプローチできるのが面白いです。ダラダラしている時は、せめて本の世界の中ではキリリと過ごしたいので、喝を入れて頂けて幸いです^^

 

今日もどうぞ安寧にお過ごしくださいませ。

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile