NARROWBOAT ナロウボート 京都のNARROWBOAT(ナロウボート)は、インポート生地を使ったオリジナルバッグと小物のお店です。
NARROWBOAT ナロウボート Home About Products Info Blog

梅仕事

京都♡バッグ♡ナロウボート

 

 

お早うございます。結婚したてでまだ若かった頃、遠い遠い『老後』に思いを馳せて夫婦で妄想劇場を繰り広げることが多々ありました。気持ちの中では、60歳までのご奉公が終了した年季明け。海外で茫洋とした日々、はたまた田舎で土いじり、長期滞在型の暮らしで各地を旅するなどなど、今から思えば京都から遠のくことばかり夢想していたように感じます。実際に、その後居を構えたのは大津でしたし、もっと前には英国で漂っていた訳で、私の中に京都に定着させる何かが欠乏していたのかも知れません。その頃両親は広島で老後生活を謳歌していたし、今こうして京都で当たり前に暮らしている自分が不思議に思えるほどです。

 

海外からの観光客を如何に取り込むか…。ウイズコロナになってまだ日も浅いのに、京都市が目を向ける先に失望する市民のひとりです。まずは、京都人が好きな街であること、そして、日本の人たちに「そうだ、京都へ行こう」って思ってもらえる街であることから始めやしませんか、エライさんたち。そんな気分です。じわじわと京都の面白さに目覚めた(遅い、遅すぎる…(-_-))私は、京都に住まう何かしらの意味が私にはあるのかなとも感じています。人生の最終章は、何処で迎えるのでしょうか。願わくば、それは京都の町の片隅であって欲しい…。そんなことをふと思った今朝の私です。←朝一にあれこれモノ思うのが、ちいさなクセになっているような…(^_^;)

 

 

唐突に送られてきた写メ。奥に居るハリネズミを見て、義妹からだとは分かったものの、その意味が掴めず見つめる私…。綺麗だから撮ったの? 季節のお便り? 何? 暫くして電話すると、「梅の季節やね〜」と嬉しそうです。「お相伴に与れるとか…」図々しく尋ねると、今年も旦那さんの好きな梅干しを漬けてくれるそーです(^O^) 兄ちゃん喜ぶよ〜、ラッキョウも好きなんだけどね。小梅のカリカリ漬も好きだぁ、私〜。ま、こんな冗談を飛ばしても受け止めてくれるし、適当に無視も決め込んでくれるので長いお付き合いが叶っております<(_ _)> 今年は、和歌山と福井の梅で味比べだとか。贅沢だけど、微妙な味わいが分かるのかどうか、ちょっぴり不安であります(-_-)

 

今日も湿度の高い一日。どうぞ、体調管理に努めて安寧にお過ごしくださいませ♡

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile