NARROWBOAT ナロウボート 京都のNARROWBOAT(ナロウボート)は、インポート生地を使ったオリジナルバッグと小物のお店です。
NARROWBOAT ナロウボート Home About Products Info Blog

品格

京都♡バッグ♡ナロウボート

 

 

お早うございます。ノートルダム大聖堂の火災から3日経って、多くの人たちのエナジーを目の当たりに感じています。あの火中にありながら、多くの所蔵品を持ち出せたことも凄いことですし、ヨーロッパを中心として900億円もの寄付金が集まったニュースには背筋が伸びる思いでした。もっと困った人たちがいるだろう…。大きなお金が動いた時には、そんな意見も必ず出てくるものです。ただ、観光スポットとしての大聖堂ではなく、宗教的遺産でもあり、何よりもフランス人にとっては心の拠り所とも言える神聖な場所なんですよね。いつも、お金には品格があると確信している私は、企業のそれにも勿論品格が備わっていると思っています。ここは気持ちよく出そうよって、日本の偉いさんにぼやく私…。日本人は、市民レベルでは高い意識も持っているし、ボランティア精神も備わっているのに、政府や企業の意識は先進国の中でも、それはそれは低いと悲しくなってしまいました。震災の復興すら予算を見切るくらいですから、文字通り対岸の火事には火の粉が掛からなくて良かったってレベルなのかなと、お休み明けにひと吠え^^ 吠えてばかりいないで、その後の動きも見守りたいと思っています〜。

 

昨日のお昼は、兄主催の桜を愛でる会♡ 二人では量的に荷が重いシャンパン(発砲ワインが正解ですけど…)を提げて、喉風邪さんですけど昼飲みを楽しみました〜(^O^) 母もお茶を飲みながらの参加です。

 

 

桜の向こうは、苧環(おだまき)。梅の香も焚かれて、風雅な方でいらっしゃいますこと…。

 

 

手作りの鯖寿司と稲荷ずし、生春巻きにお漬物。本当に、『生きる』ことを楽しんでいる人でありまして、美術館詣でや能楽の趣味は、母の血を引いたものと思われます。この後、高野豆腐や鶏肉のフライをしこたま頂き、次々とボトルが空いて行きました(-_-) なかなか人さまの料理を頂く機会もなく、ほんの近場で桜を愛でながらの優雅な昼食に大いにリフレッシュした夫婦であります♡

 

 

ちょっと変わったお香も楽しみました。言われてみれば、少しばかり甘い香りかなって程度ですが、このパッケージだけで話に花が咲く昭和人たち。ペコちゃんは、永遠のアイドルです。

 

 

その後は、3冊の本をハシゴ^^ 79歳まで我慢を重ねたのに、素行不良の旦那さんを殺してしまうお話から、死を迎えた人たちに寄り添う仕事師たちのお話、そして、癌をきっかけに『消去』スイッチがオンになったお話と、何ら脈絡もないけど、何だか人生の始末のつけ方を夜を徹して考えることになった私です^^ また捨て熱が上昇中…。そんなに、ときめかないモノに囲まれているってことでしょうかと、自問なんかして、人生における大切なモノの数の少なさに慄くばかりであります(^_^;)

 

今日もナロウボート、るんるん運航中です〜。楽しい一日になりますように。

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile