NARROWBOAT ナロウボート 京都のNARROWBOAT(ナロウボート)は、インポート生地を使ったオリジナルバッグと小物のお店です。
NARROWBOAT ナロウボート Home About Products Info Blog

いつか居た場所

京都♡バッグ♡ナロウボート

 

 

お早うございます。今朝一番に飛び込んできたニュース。パリが泣いている、ノートルダム寺院の火災です。英国に暮らしたことのある人なら、フランス各地へ旅するにしても一度はパリを散策しているはず。あまり観光地を旅することがなかった私でも、ノートルダム寺院には二度ほど訪れ、その荘厳さに天を仰いだものです。冠婚葬祭に即した宗教観はあっても、心の支えとなるそれは縁遠く、キリスト教に根差した人たちの暮らしや考え方は、異国で過ごす中とても新鮮に映りました。フランスに住まう人たちにとって、寺院の存在は、いつの日か戻ることが許される場所であり、心にいつも抱く場所なんだと、今朝はそんなことを考えていました。と同時に、大事な居場所を失った日本各地の人たちを思い、思い通りに進まない復興に痛みを覚えます。言葉にすると、その軽さだけが浮かび上がってしまいそうですが、前を向いて歩いて行きましょう。歩けない時は、羽根を休める時。立ち止まって、ただじっと傷が癒えるのを待ちましょう。自分でその傷を治さずとも、誰かが、時間が介抱してくれる…。そんな優しさを信じましょう。

 

今朝の衝撃は、熊本の地震や東北の震災、そして各地の災害をすべて私の中に蘇らせて『気付き』を促されたような思いです。まだまだ出来ることや、差し伸べられる手はあるはずなのに、日々磨滅して気持ちがエンプティーだったって猛省中です。まずは、私が元気で、笑顔でなきゃ。…そんなことを思う病み上がりの店主でございます^^

 

 

近くの公園では、お地蔵さまが桜の下で日向ぼっこ♡ はらはらと舞う花びらが、地面を薄っすらとピンク色に染めていました。

 

 

神社の横のお地蔵さまは、その足元を芝桜で埋め尽くしてご機嫌…そうでありました(^O^) 京都の町中には、いったいどれだけのお地蔵さまがいらっしゃるんだろう…。地域を、子供たちを、そして日々目の前を行き交う人たちを守り続けるお地蔵さまに、今日ばかりは世界にまでその優しさをお届けくださいと、無理難題をお願いする私…。お地蔵さま、大忙しです^^

 

今日もナロウボート、ほわほわ前進中です。安寧な一日でありますように。

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile