NARROWBOAT ナロウボート 京都のNARROWBOAT(ナロウボート)は、インポート生地を使ったオリジナルバッグと小物のお店です。
NARROWBOAT ナロウボート Home About Products Info Blog

休息日

京都♡バッグ♡ナロウボート

 

 

お早うございます。毎週のことながら定休日前になると、この日は休息日なの? それともリフレッシュする日なのかしらと自問してしまいます。お店に居ることが一番落ち着くので、何ならお休みなしでもいいかな〜なんて考えることもあります^^ さてさて。そんな自問の後の水曜日は、完全なる休息日と相成りました(^_^;) 少し腰を痛めた旦那さんと、花粉勃発で浮腫みが出てきた私は、『何もしない』ことを楽しむことに。掃除も洗濯も、料理らしいこともNGと決めると、24時間をどう遊び切るかそればかり考えて、妙な高揚感で目が冴えてしまい、まさかの5時起き…(-_-) あ〜、一日が長いわ…。

 

 

読みかけの本は、まず白石氏の、やや哲学的な世界へ。終盤にロンドンの街へと舞台を移すのですが、情景への懐かしさより『ああ、私もこんなこと感じたわ』って思いが鮮烈に蘇って、だからこそ好きな街であり、ずっと住み続けることを重たく感じる街だったんだと強く実感しました。日本では、どんなに歴史のある街並みを見ても、武士や侍の姿を思い浮かべることはありませんが、古い西欧の建物や街並みを目の当たりにすると、時の流れがあまりにも緩やかに思え、過去の光景がそこかしこに感じられることがありました。不思議なエンディングでしたが、『私』は誰なんだろう、この『記憶』は誰のモノなのかしら、そして、私と言う『器』に宿っているモノはいったい何なの? ちょっとばかり私のシンプル思考には重くもありましたが、日を置いてまたじっくりと読み返したいなと思っています。畠中氏の一冊は、随分と間が開いたけどようやくのシリーズ2作目です。明治にはさして興味はないのですが、江戸から明治に差し掛かる辺りの混沌とした世界がなかなか面白く、一気読みしました〜(^O^) 

 

 

合間合間は、バイキングじゃないけど、小出しに一品を増やしながらワインを飲んだり、珈琲飲んだり、ヤクルト飲んだりと、これまたダラダラ…。基本、自分で賄うってことにしたのですが、働きが悪いとお腹も空かずチーズやナッツを摘む程度で幸せなのが嬉しいです^^

 

 

 

追い詰める系と、皆殺し系…。『雨の訪問者』、懐かしいでしょ? 私が10歳の頃の映画でして、女性のファッションがピエールカルダン風で、ボーリングが流行った頃とリンクして、中山律子さんやホットパンツなんかも頭に浮かび楽しいひと時でした。って、ストーリーは何とはなく覚えていると思ったのに、すっかり忘れてしまってました(-_-) この人が怪しいとか言ってたけど、もうね、出てくる人が皆一癖二癖あって、個人的にはヤなタイプの人ばっか…。全員逮捕しちゃってくださいって気分でした〜。そんなフラストレーションが、皆殺し系『イコライザー』で一気に解消(^O^) バイオレンスシーンは満載なんだけど、中途半端な水戸黄門よりスカッと爽やかです。勧善懲悪…。気持ち良い映画でありました〜。

 

何もしないで遊んでばかりの一日…。今日はその反動で、有難いことにお仕事モード全開です(笑) ナロウボート、るんるん前進中です〜。

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile