NARROWBOAT ナロウボート 京都のNARROWBOAT(ナロウボート)は、インポート生地を使ったオリジナルバッグと小物のお店です。
NARROWBOAT ナロウボート Home About Products Info Blog

雨降りの節分

京都♡バッグ♡ナロウボート

 

 

お早うございます。昨日の夜スーパーを覗くと、恵方巻きと書かれた巻き寿司がたくさん並べられていました。時計を見れば、8時前…。何ともやるせない気分になってしまいましたが、我が家では頂かないので救済の術がございません。毎日、美味しくて食べやすい巻き寿司が並んでたらいいのになと思う私は、嫌味なおばさんなのでしょうか(^_^;) 今朝のラジオではパーソナリティーが、「恵方巻き? 食べません。でも切った巻き寿司は食べましたよ。僕、大好きなんで、年中食べてますもん」と言った後、「海苔の収獲とその加工って、本当に大変なんですよ、一度取材に行ったけど。そんなん見てたら、廃棄されるのが忍びないんですよね。もうそろそろ、こんなん止めて、年中海苔巻食べましょうよ」って、力むでも怒るでもなくいつもの温かい声。我が家でも夕べはそんな話をしたのですが、子供がいたらどうかな? 孫が来たならどうするかな?って、結構真剣に考える夫婦であります(^_^;) イベントなのか、風習なのか、はたまた「みんな食べはるもん〜」ってぷーっと頬を膨らませたおチビさんには、どう言うのかなんて、仮想会話がここまでくればそれなりに面白いものでして…^^ 今日は美味しい巻き寿司(ちゃんと切ったモノ)を食べたい気分の、少しばかり天邪鬼な私です(笑)

 

 

あれこれと写真は撮ったものの、夜店もガラガラ、人通りもない…。年の瀬と思えば涙が流れそうな光景だったので、例年のお札等を燃やして頂く炎だけフレームに収めました。で、この炎も、例年比で言えば4分の1程度…。何せ、人がいないんだもの…。スムーズにお参りも出来て嬉しくはあるのですが、参拝客より神社の関係者の方が数段多く、手ぶらで帰りにくい雰囲気は否めません。ま、帰るんですけどね(-_-;) 

 

自宅に戻ると、秒速で節分の夕餉。

 

 

テッパンのお豆さんと、一年の澱を流し切ると言うコンニャクでまずは乾杯。頂いたお煎茶用の京焼、初めてお茶以外に使ってみました〜。蓋があるだけで、買ってきた煮豆がらしく見えて嬉しくなってしまいます^^

 

 

そこそこ大き目の大羽鰯。いつもは小さな鰯を生姜を利かせて煮ることが多く、「考えたら鰯を焼くのって、随分久しぶりな気がするわ」と頷きあう夫婦です。ふたりで300円。この価格でこのお味に、深く感動を覚える節分の夜でありました(^O^)

 

 

大晦日ってことで、かけ蕎麦を頂きました。思えば、今まで生きて来て、節分にお蕎麦って初めての経験です。古き伝統に小指の先ほどですが乗っかかることが叶い、大いに満足であります♡

 

大晦日が終わり、今日はお正月…ってことですよね。気持ちとしては、菜の花のお浸しや山菜の天ぷらで新春を寿ぎたい気分ですが、はてさてお店仕舞いの頃にはどんなことを思っているのでしょうか。雨降りの節分ではありましたが、春の息吹を心の中で感じることが出来ました。今日からまたまたおニューな気分(この表現がどっぷりと古いけど(-_-;))で前進してまいります〜。楽しい一日になりますように♡

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile