NARROWBOAT ナロウボート 京都のNARROWBOAT(ナロウボート)は、インポート生地を使ったオリジナルバッグと小物のお店です。
NARROWBOAT ナロウボート Home About Products Info Blog

第11回着物部例会

京都♡バッグ♡ナロウボート

 

 

お早うございます。昨日の水曜日、吹き荒ぶ寒い風の中、11回目となる着物部例会をほのぼの暖かく開催いたしました。確定申告やお仕事で多忙を極める方やお家の用事などで、参加者さんは6名と今回も真にアットホームな会となりました♡ 一度会場に選んだ『嵐亭』がこの2月でセンチュリーホテルから撤退されると聞き、皆さまからのリクエストもあり再度寄せて頂くこととしました。

 

 

以前はホテル内で撮影したのですが、かなり暗くて着物の質感や色をはっきりとお伝え出来なかったので、えいやーっでコートを脱いで頂いてホテル近くで写真を撮りました。寒い思いをさせてしまってごめんなさいありがとう

 

ダッシュでホテルに戻り、お待ちかねの昼食です〜♡

 

 

節分をイメージした八寸の設えです。鳥を模した器の蓋を開けると、焼き雲子と煮豆。イワシの煮付けも美味しく頂きました。この度の私が担う最大のミッションは、風邪を引かず万全の体調で皆さまと例会を楽しむこと。そのために、ちょっと過剰なまでの寒さ対策を施し、着物用のひざ下ストッキングにヒートテックのインナー用足袋、そして本来履くべく足袋の三段重ねで臨みました。…その結果、足元が異様に暑くてお酒1杯でほんのり桜色ブラック改訂版 酒量を抑えお財布と健康を慮る向きには、足元からの完全寒さ対策は有効かと思われますkyu 

 

 

桜の季節に、余部鉄橋を鳥取方面へ向けて走る蒸気機関車。とっても風情があるこの帯は、図案家であるお客さまの作品です。関西人なら一度は越えたことのある余部鉄橋のお話や、その先に点在する温泉にまで話が広がって行きました。

 

 

結婚した頃にご主人に買って頂いたお着物とお聞きしましたあひゃネコ この会の後ご主人とデートって伺いましたが、着物のことは覚えていらっしゃったでしょうか〜。

 

 

私の着物とそっくりで、双子コーデも面白いですよね〜なんて会話を交わしていたお客さま。陰陽に分かれてはいかんと、早々に諦めて正解でしたふふっ。 この柄行がとっても可愛く似合っていらっしゃいました。帯締めもキュートで私好みです♡

 


 

「素敵な柄〜♡」「鶴なんですよ」…暫し時間を置いて、「孔雀ですよ、きっと」って言いながら覗き込むように確認し合うその他5名…。色を抑えることでシックな装いに仕上がった帯は、華やかな文様のお着物にとってもお似合いでした。

 



 

干支の犬とおめでたい宝船♡ 初春に相応しい素敵な装いでした。このお着物は、納戸色。初めて聞きましたが、藍染のひとつで緑を帯びた青色と色見本帳にありました。縹(はなだ)色と浅葱(あさぎ)色の間くらい…って、よけい分からなくなりました? へへ。

 

 

最後に私…。ブドウ柄の帯と合わせるべく用意してたのに、狭い我が家でまさかの行方不明ブラック改訂版 何処ぞかの町を徘徊していたら、お家に帰るよう諭してやってくださいませ。結局、ややこしくって苦手だけど二重太鼓に。お客さまにブーブー言ってたら、「こちらの方が寿ぎ感があって初春らしくて素敵ですよ」ってなだめられてるし、私^^ 次回のお休みは、ブドウ柄の帯の捜索に努めたいと思っておりますkyu

 

 

最後にお茶をしながら、取り留めもなく楽しい時間は続きます。本当に素敵な会ですよねって、口々に皆さまが仰ってくださるのが嬉しくて、同時にその理由も探りたくなる私。皆さまには「主役がないからじゃないでしょうか」と、誰かが率いる会ではなく、個々のお話が膨れ上がってはまた別の方のお話に流れる快適さなんかを滔々と説明してました^^ 一晩開けて、ボスがいてその人の元に展開する会にありがちなしんどさや苦痛感がないって、ありそうでなかなかないんだわと自身で大いに納得している次第ですあひゃネコ 

 

寒い一日でしたが、日差しは春の気配ですよね〜なんて言いながら本当に楽しく過ごさせて頂きました。次回は、4月4日ですねと確認作業も終えて、手を振りながら帰路に着きました。その余韻の中で、時々ブドウ柄の帯が頭をよぎりますが気にすまい…。今日も楽しくやって行こうと思っています。

 

今日もナロウボート、るんるん前進中です〜。素敵な一日になりますように♡

 

 

 

 

 


| 1/11PAGES | >>