NARROWBOAT ナロウボート 京都のNARROWBOAT(ナロウボート)は、インポート生地を使ったオリジナルバッグと小物のお店です。
NARROWBOAT ナロウボート Home About Products Info Blog

慣れた部分と慣れない部分…

京都♡バッグ♡ナロウボート

 

 

お早うございます。父はいつものようにデイサービスへ、母は束の間の安寧な時間を過ごす敬老の日の朝です。来年には赤いチャンチャンコを纏う身には、『敬老』と言うサウンズもさして遠くには聞えません(-_-) お饅頭でも持って、今日も顔出しをしようかと思っています。

 

仕事場に向かう生活から、住まいが仕事場って生活に移行して半月経ちました。大きく変わったことは、ラジオを聴く頻度が激減したくらいですが、その部分をよくよく考えてみれば、出勤までの時間調整としての役割が大きかったのかも知れません。身支度を整えてパソコンの前に座り、メールのチェックと『今日のスケジュール』を再度確認することから一日がスタートするのが、ここ暫くの私のお約束です。生地を再度、色や柄別に整えて、工房との打ち合わせの後は「言った、言わない」が増えたトホホな二人(義妹と私。時々旦那さん)のために、シートに書き入れも丁寧に…。

ひょっとしたら、以前より働きはいや増したような気がしています。チョコンと坐って通りを眺めていた頃とは違い、お客さまがいらっしゃらない空間は『アトリエ』へと変わってくれる(のか、しまうのか…)ので、せっせとアイロン掛けたり裁断したりと、シンデレラのような健気さです。甲高幅広なので、なかなかガラスの靴が見つからないのが難点ではありますが…。

変わらないこと…。やっぱり、私はかばん屋さんなんだなって思いでしょうか^^ 遠方の方もお近くの方も、店舗の頃と同じようなスタンスで接してくださるので、状況が大きく変わったことをウッカリすれば忘れてしまうくらい馴染んでおります(-_-) 義務教育のような、先を見据えた向こう何十年って仕事はもう出来ないけど、5年、また5年って、少し先を目指しながらこれからもやって行ければと思う私です。

 

 

十月桜。年に二回も目を楽しませてくれるって、何て健気な子でしょう。桜の幹を見ていると、茶筒に見えてくる…。この後、お煎茶でも頂こうか、桜餅も好きなんだあって、食い気が爆進して困ってしまいます。花言葉は『寛容』ってことで、お許し頂くことと致します。ぺこり。

 

今日も、昼からの運航です。素敵な一日でありますように♡

 

 

 

 


| 1/2203PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile